産学官連携サテライトオフィス サテライトオフィスとは

産学官連携サテライトオフィスの役割

産学官連携サテライトオフィスは、栃木県内の企業と大学とが連携するためのコーディネートの場です。
栃木県内の13の大学・高等教育機関による事業委員会が運営を担っています。

大学に蓄積された学問的知識・技術・情報と、企業の皆さんが持っておられる実践的知識・技術・情報をマッチングさせ、そこから新しい「未来の芽」を育むこと。サテライトオフィスは企業活動を支援することによって、社会全体が豊かになることを支援する機関なのです。

産学官サテライトオフィスの役割

役割

  • 1.産学官連携
  •  産業界からの相談に応じて研究者を紹介します。
  •  産業界のニーズをキャッチして研究者を紹介します。
  •  学のシーズを咀嚼して産業界に紹介します。
  •  官と連携し、補助金等の情報をお伝えします。
  • 2.学学連携
  •  専門外の先生同士の交流促進で新技術・新産業の創出を図ります。
  •  学生同士の交流促進で研究活動の活性化を図ります。
  • 3.その他
  •  大学連携新聞「とちぎキャンパスネット」の発刊(年1回)
  •  「学生&企業研究発表会」の開催

スタッフ紹介

川合 修次
(コーディネーター)

2017年度からコーディネート業務を担当しています。

川合 修次(コーディネーター)

民間企業では研究部門で有機合成、バイオ、安全性関係、品質保証部門で技術渉外活動を経験しました。産学官連携活動を通じて、皆様のお役に立てればと考えています。いつでも気楽にご相談下さい。

名和 政良
(コーディネーター)

2019年度からコーディネート業務を担当しています。

名和 政良(コーディネーター)

民間企業で材料開発、商品開発、マーケティング、新規事業開発を経験しました。栃木県の大学のすばらしい技術や魅力を、産学官連携活動を通じて皆様にお届けできればと思います。

君嶋 千恵子

サテライトオフィスで、受付および事務全般を担当しています。

君嶋 千恵子

栃木県の活性化につながる仕事に関われることを、とても嬉しく思っています。二人とも気さくなコーディネーターですから、どうぞお気軽にお越しください。事前にご連絡をいただければ、よりスムーズです。